電子マネーのメリットとデメリット

電子マネー比較RANKING

電子マネーは利便性が高いアイテムですが、電子マネーならではのデメリットも存在します。

電子マネーTOP > メリットとデメリット

電子マネーの長所・短所

電子マネーは1990年代後半から広く普及され始め、今や多くの方がいろいろな形で電子マネーを利用しています。

平成20年に行われた電子マネーの普及率調査では、4人に1人の割合で電子マネーを利用しているとのデータが報告されており、現在も普及率は年々増加する傾向にあります。

電子マネーが短期間で広く普及されるようになったのは数多くのメリットがあるためですが、逆に電子マネーならではのデメリットも存在します。

電子マネーを利用する場合は、メリットだけでなくデメリットもよく理解し、正しく利用するようにしましょう。

電子マネーのメリット

決済が簡単かつスムーズ

電子マネーは1つの媒体(ICカードやおサイフケータイなど)で決済することができるため、現金を取り出さなくても簡単に支払いを済ませることができます。

支払い方法も端末機にかざすだけなので、所要時間はわずか数秒。クレジットカードのように面倒なサインも必要ありません。

ポイントが貯まる

電子マネー機能を付帯させたクレジットカードを利用する場合、電子マネーのチャージや支払いに応じてクレジットカードのポイントをためることができます。

現金で支払うよりもお得なのはもちろん、クレジットカードに対応していない店舗でも効率良くポイントをためられます。

使いすぎを予防できる

クレジットカードの場合、カード一枚で支払えるぶん、ついつい使いすぎてしまうという欠点があります。

その点、プリペイド型の電子マネーはあらかじめ必要な分だけをチャージできるので、使いすぎる心配がありません。

安全性が高い

クレジットカードの場合、決済には一度店舗にカードを渡す必要があるため、クレジットカードの番号が店側に知られてしまうというリスクがあります。

その点、電子マネーは店舗のレジでデータを読み込む場合、ID番号しかわからない仕組みになっているので、悪用される心配がありません。

電子マネーのデメリット

電子マネーのデメリットは、店舗によって電子マネーの取扱状況が異なっていることです。

電子マネーはサービス提供会社によっていろいろな種類がありますが、それぞれ独立しており、互換性がありません。

たとえばAという電子マネーを持っていても、利用したい店舗がBの電子マネーにしか対応していなかった場合、新たにBの電子マネーを手に入れなければ電子マネーで決済することができません。

また、プリペイド型の電子マネーの場合、残高が少なくなったらその都度チャージを行う必要があるため、クレジットカードよりも手間ひまがかかります。

ただし、ポストペイ型の電子マネーを利用する場合、利用料金はまとめて後払いとなるため、チャージ手続きが面倒な方はポストペイ型の電子マネー利用をおすすめします。

ライフカード

業界最高レベルのポイントプログラム で、ポイントがザクザク貯まる!
www.lifecard.co.jp

JALカードSuica

あなたに合わせて選べるカード。 貯めたポイントをSuicaへチャージ
www.jreast.co.jp

オリコカードUPty iD

ご利用可能枠に応じて決まる、縦型のiD付きリボ払いのカード。
www.orico.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 電子マネー比較※使い方ガイド All Rights Reserved.