電子マネーの使い方

電子マネー比較RANKING

電子マネーの使い方は、専用の端末機を利用するICカード型とオンライン上で決済するネットワーク型で異なります。

電子マネーTOP > 使い方

電子マネーの基本的な使い方

電子マネーの使い方はICカード型とネットワーク型で異なります。

ICカード型とは、ICチップが内蔵されているカードタイプの電子マネーで、ICチップに金銭価値を記録することで電子マネーして利用できるようになります。

使い方は簡単で、ICカードを店頭に設置されている専用端末機にかざすだけ。

電子マネーの種類によって効果音は異なりますが、専用端末機から「シャリーン」「ワオン」などの音が出たら決済終了の合図です。

ちなみに、ICカード型の入金(チャージ)には『プリペイド型』と『ポストペイ型』の2種類があります。

プリペイド型は前もって料金をICカードにチャージするタイプで、残高が少なくなったらその都度、専用の端末機を利用してチャージ手続きを行う必要があります。

一方のポストペイ型は利用料金を後払いするタイプの電子マネーで、利用した分は後でまとめて請求されます。

そのため、ポストペイ型の電子マネーはクレジットカードと一体型になっている場合がほとんどです。

そして最後にネットワーク型タイプの電子マネーですが、こちらはオンライン限定で決済を行うタイプです。

電子マネーには専用の番号が発行され、番号を入力することによって決済を行うことが可能になっています。

ネットワーク型の電子マネーはコンビニをはじめ、各種小売店で購入することができます。

ライフカード

業界最高レベルのポイントプログラム で、ポイントがザクザク貯まる!
www.lifecard.co.jp

JALカードSuica

あなたに合わせて選べるカード。 貯めたポイントをSuicaへチャージ
www.jreast.co.jp

オリコカードUPty iD

ご利用可能枠に応じて決まる、縦型のiD付きリボ払いのカード。
www.orico.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 電子マネー比較※使い方ガイド All Rights Reserved.