JALカードSuica

電子マネー比較RANKING

JALカードSuicaは、電子マネーSuica機能とJALカードの機能を一体化したお得なSuicaクレジットカードです。

電子マネーTOP > プリペイド型対応 > JALカードSuica

JALカードSuica

JALカードSuica

JALカードSuicaは、ビュー・スイカ・カードにJALカードの機能を付帯させたSuicaクレジットカードです。

JALカードSuicaの特徴は、ビューサンクスポイントとJALマイルをダブルで貯められるところ。

カード入会時・初回フライト時(翌年以降)にそれぞれボーナスマイルが獲得できるほか、フライトごとに区間基本マイルの10%がボーナス特典としてつくので、よりJALマイルを貯めやすくなっています。

一方のビューサンクスポイントは、ポイント獲得にSuicaチャージも含まれているので、オートチャージを利用すれば電車に乗るだけでどんどんポイントをためることができます。

>>JALカードSuicaはこちら

Suicaチャージでポイント獲得

多くの電子マネー一体型クレジットカードでは、ポイント獲得は電子マネーの決済にのみ対応しており、電子マネーのチャージはポイント獲得対象外というケースがほとんどです。

その点、JALカードSuicaはSuicaチャージでもビューサンクスポイントをためることが可能。

1000円のチャージにつき6ポイントが加算され、1.5%の還元を受けることができます。

貯めたポイントはSuicaチャージ分に移行できるほか、JALマイルとの相互交換も可能となっており、目的や用途に応じて使い分けられます。

モバイルSuicaを無料利用

JALカードSuicaを持っていると、携帯電話でSuica機能が使える『モバイルSuica』を利用することができます。

モバイルSuicaは通常のSuicaカードと同じように使えるのはもちろん、特典として、『モバイルSuica特急券』やスーパーモバイルSuica特急券『スーパーモバトク』を利用できるところが大きな魅力。

モバイルSuica特急券(モバトク)ではJR東日本の新幹線チケットをモバイルSuicaで購入できるサービスで、チケットレスで新幹線に乗車することができる上、紙切符に比べて値段が安くなるという一石二鳥のメリットを持っています。

一方のスーパーモバトクは、モバトクの割引率をさらに強化。特定区間を利用する場合、モバトクよりもさらに6~13%の割引率で新幹線に乗車することが可能となっています。

詳細・ご注文はこちら

JALカードSuicaのサービス内容

年会費など

年会費
本会員
初年度無料
翌年度以降は2100円
家族会員
-
申込資格
日本国内に在住している満18歳以上(高校生除く)で、電話連絡が可能かつ日本国内での支払いが可能な方

カード利用可能枠

ショッピング利用可能枠
JALカード、ビューカードそれぞれにて利用可能額を設定
キャッシング利用可能枠
1~30万円

ポイントサービス

ポイント名
・JALマイレージバンク
・ビューサンクスポイント
ポイント加算率
JALマイレージ・・・200円利用ごとに1または2マイル
ビューサンクスポイント・・・1000円利用ごとに6ポイント
電子マネーのチャージによるポイント獲得
Suicaチャージ1000円ごとに6ポイント
ポイント→電子マネーへの交換
400ポイント=1000円分で交換(400ポイント以上、4コースから選べる)

カード付帯保険・補償

海外旅行傷害保険
最高1000万円
国内旅行傷害保険
最高1000万円
ショッピング保険
-
その他保険・補償
・Suicaチャージ残額補償
・紛失・盗難補償
JALカードSuica ⇒JALカードSuicaの公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 電子マネー比較※使い方ガイド All Rights Reserved.